こどもの成長(長男、5歳)

目次

【編集中】

2016年生まれの長男の成長日記。

前の記事:こどもの成長(長男、4歳から5歳誕生日まで)

2021年は、コロナ生活に少し慣れてきて、ワクチンとかが流行ったり、東京でオリンピックをした年。

日常

遊んでいるお友達

  • あかりちゃん:ママの友達関係(以前から)、家に遊びに来て一緒に食べたり遊んだり。
  • じゅんくん:幼稚園のお友達(去年から)、家に遊びに来て一緒に食べたり遊んだり、一緒にツインリンクもてぎで森を探索したり、みかん狩りや釣り堀に行ったりした。
  • ゆうすけくん:幼稚園のお友達(去年から)、家に遊びに来て一緒に食べたり遊んだり。運動会の前、一緒に走る練習をした。
  • こうちゃん、はなちゃん(八景島)、はなちゃん(はなぼー):ママの友達関係(以前から)、家に遊びに来て一緒に食べたり遊んだり。
  • こうだいくん:公園でダンゴムシ等の虫探しを夢中になってした。
  • せりちゃん(幼稚園のお友達):一緒にみかん狩りをしたり、牧場でヤギと遊んだりした。

スキル

  • 子供用の箸をよく使うようになる。
  • 自転車は最初だけ僕が押してあげれば自分でペダルを漕いで乗れる。
    →その2週間後、自分で漕げるようになった。
  • サッカーでドリブルが上手になっている。ハンディのため僕は歩いてボールを取ろうとするが、歩きでは上手に逃げることが多くなった。キック力も上がって普通にパスができるように。
  • 夜に自転車かストライダーで散歩することがあるが、新しい場所を探索するのが好きみたい。
  • リールのついた釣り竿で釣り。キャスティングはまだちょっとむずかしいがマキマキする。

この頃聞いている曲

  • 去年と同じ曲、一部を除いて少し飽きてきている。
  • MEZERG – Last OneWATERMELON、その他全般(動画を見て、楽しそうな演奏が印象に残ったみたいで、真似しようともした。)

夜の自然観察会(北本自然観察公園)

7月31日、北本自然観察公園のイベント、夜の自然観察会に参加した。

セミの鳴き声が凄くて、まだホタルもいっぱいいてホタルの観覧も楽しめる時期。

先生と一緒に公園の中を通って丁寧に色々な昆虫の説明をしてくれた。子供は楽しめた模様だが、もう少し自分で観察したかった模様(途中から先生の話を無視して自分で虫を探していた)。コースが決まっているせいか、観察するペースは若干速めで、じっくり自分で観察する感じではなかった。でも観察の仕方をこのようなイベンドで学べば、またこどもと一緒に来て自分でのんびり観察できそう。

今回は羽化しているセミの幼虫が何匹も観察できた。カマキリ、ナナフシ、蛾、蝶々、蜘蛛等を観察できた。
ホタルは相変わらずきれいで、案外ホタルエリア以外でもホタルが居た(標柱21あたりとか)。
知らない虫も結構いて、木の枝や葉っぱを適当に見るだけでも簡単に虫に出会える。

東武スーパープール

8月9日、東武スーパープールに行ってきた。

一番期待していたのが、子供と一緒に滑れるウォータースライダーだったが、ちょっと期待はずれとなった。スライダーの終点のプールで子供は足が付かないのでだっこしないとならないが、浮き輪なしに足がつかないところにドボンはこどもにとっては恐怖みたい。一回だけやったが、それっきりで、他の遊びをした。

風布にじます釣り堀センター

8月、長瀞の近くの釣り堀、風布にじます釣り堀センターに行き、ニジマスを釣って食べた。

始めて来た場所だったが、ひぐらしゼミや鳥が鳴いていて、近くに川があって環境が良かった。

釣り堀での釣りはこどもが慣れているせいか、5分位で3匹釣れてしまった。釣った魚を塩焼きにしてくれるが、炭火焼きのためか、ここが今までで一番美味しかった。

ツインリンクもてぎでピット工房

8月14日、予定していたツインリンクもてぎの花火は中止になったが、そのかわりホンダコレクションホールを満喫し、キャンプ(ログキャビン)で一泊し、モビパーク(SUMIKA、迷路)、森(ハローウッズ)で遊んだ。

今までモビパークや森でしか遊んでいなかったが、ホンダコレクションホール、凄かった。見応えありすぎるし、創業者たちのストーリーに(大人は)感動するし、ピットインの体験にこどもがハマって2日連続で参加。

恐竜のイベント(と海)

8月21日、横浜で開催された恐竜のイベント「Sony presents DinoScience 恐竜科学博」を見てきた。ついでに海で遊んできた。

いつも行っている「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」と違い、映像や光の演出が凄かった。ソニーらしい。特に大人の自分がおもしろかったのは、恐竜の時代の映像を流していたブースで、撮影禁止だったが、映画館並みの大画面、立体的な音声と風(扇風機みたいのがあった)、床の振動をシンクさせた臨場感のある3分程度の映像体験。ただ、ティラノザウルスが突然現れるシーンがあり、こどもはビビって、「もうここは行かない!」って怒ってしまった。

展示されている化石も凝っているが、こどもには伝わらず。ただ、珍しかったのが、トリケラトプスの赤ちゃんの化石。これは初めて見るし、こどもも興味を示した。最後に、石をトンカチ等で叩いて貝の化石をとる体験コーナーで、化石を掘った。

コロナの影響で人が少なかった。今度海で潮干狩りをしたい。

さいたま水族館&羽生水郷公園

8月22日、自転車を練習するため、自転車を車に積んで羽生水郷公園に行き、ついでにさいたま水族館で遊んだり、汗びっしょりになったため「極楽湯 羽生温泉」というスーパー銭湯に寄った。

公園は広くて自転車をするには最高で、滑り台の遊具に結構ハマっていた(何回もループ)。かなり暑くて、10分ぐらいで汗びっしょり。幸い休憩スペースが色々な箇所にあり、アイスを食べたり、かき氷を売っている屋台もあった。

水族館は、基本的に川の生物メインで、特に日本の川がメインテーマの模様。

羽生は初めて通ったが、田んぼや細い川も多くて、ガサガサする場所も多そう。

絵を描く

誕生日にお友達にもらったお絵かきグッズで、良く絵を描いたりする。普段ぐちゃぐちゃな絵をよく描いているが(それはそれで良いのだが)、今回花火の絵を描いた模様。

本人は特別頑張ったわけではなく普通に描いたって感じだったが、個人的にはかなりの高評価(親だから?)。花火だとわかる本質が入っていて、動きがあるし、描き方に個性があって、現実にない色もあって描く側の楽しみも伝わってくる。どれだけ高価な一眼カメラで撮っても表現できないことをこの1枚の絵で表現している。

実家の庭で手で持つ花火をやったりしていたが、それも若干混ざっているのかもしれない。花火を見たことのない子は当然この絵は描けないし、見たことがあってもこの描き方はしないと思うし、僕も描けない。既に親ができないことをできるようになっていると感じた。色々な体験をさせるとこういうことがあるんだな、と思った。

自転車ブーム

休日や平日の夜、自転車で散歩したりしている。自転車に乗るが好きみたい。浦和駅や北浦和駅まで自転車で行き、駅周辺のレストランでご飯を食べて帰る等ができ、おかげで外食の選択肢が少し増えた。

しゃぶしゃぶブーム

最近休日に良く外食をしている。僕がリモートワークで食費があまり掛からない分、土日に良い体験を求めて、外食をしている。

駅まで自転車で行き、食べたいお店を選ばせるときもある。ドラマ「孤独のグルメ」みたいに、自分のお腹に何食べたいか聞いてみてと。金額を意識せず、食べたいと思ったものを好き勝手食べる楽しみが存在するが、完全に金額を意識しないのは大人になると難しい。無意識に金額を意識していることがあると思う。完全に無意識で選べるのは、こどもの頃だけかもしれない。

それは別として、子供が最近気に入っている夕食が、しゃぶしゃぶとすき焼き。野菜は何を入れるか、何をつけて食べるか(ごま味噌が好きみたい)、どの肉を入れるか(豚バラが好きみたい)、デザートは何にするか等、基本自分で選ぶようにさせている(バランスのため多少は誘導している)。野菜を鍋に入れるのも自分でやっている。

初めての喫茶店

9月4日、コメダ珈琲にて、コメダデビューする。

以前、「喫茶店で美味しいお菓子があるから行こう?」って誘ってみたことがあるが、「でも、コンビニの恐竜のチョコが食べたいんだよ」という回答が返ってきた。

あれから約1年、今は新しいことを試すことも大事にしてくれているみたいで、一緒に喫茶店に行ってくれた。僕はコメダで珈琲飲むが好きだが、ここ何年か行っていなかったため、むしろ僕のほうが楽しみにしていた。

結果、でかいメロンソーダフロートと美味しい豆菓子が食べれて、印象は悪くはなかったみたい。

メロンソーダ、キレートレモン(炭酸入り)等、この時期には炭酸をよく飲んでいるが、飲むとチクチク刺激されて、よく「あたまがガタガタする〜」と言っている。

しながわ水族館

9月11日、しながわ水族館に行き、イルカのショーとにょろにょろ展を見てきた。

イルカのショーの音楽が変わっていたのが少し残念そうだった(Carly Rae JepsenのGood Time→JPOPの「かわいい曲」)。にょろにょろ展は、たしかににょろにょろしていた・・・。トンネル水槽に魚が復活していたのが嬉しかった模様。

コオロギと鈴虫の鳴き声

9月中旬、涼しくなってきて、虫の鳴き声が変わってきた。

ミンミンゼミはもう居ないが、日中まだ別の種類のセミは鳴いている。今は鈴虫とコオロギの鳴き声が特に目立っている。が、鳴き声が聞こえてもどっちの鳴き声がよく分かっていなかった。9月のある日、散歩中に、気になった鳴き声が発生する場所を探し、誰の鳴き声かを明らかにした。

今回分かったこと:ピーピーうるさいのが鈴虫、リズミカルなのがコオロギ。

9月19日、虫のシーズンは終わる頃だが北本自然観察公園で虫探しをした。ここでも同じ鳴き声が聞こえた。

ツインリンクもてぎで虫探し(森の探索隊)

お友達の家族とツインリンクもてぎで、森の探検隊という体験プログラムに参加した。先生は全体と同じで、網の使い方、図鑑で虫を探す方法を丁寧に教えてくれたり、虫についての説明をしてくれた。

虫の季節は終わりそうだが、トンボ、バッタ、蝶々、カマキリ等を観察することができた。

1泊して、次の日は3回目のピット工房。ハンドルと椅子の設置を行った。

水輪フィッシングセンター、彩の国ふれあい牧場(秩父高原牧場)

10月上旬、秩父で釣り堀と牧場に行ってきた。

水輪フィッシングセンターは初めての利用だけど、いい場所だった。魚は元気で、釣りは楽しく、炭火焼きで自分で焼くことができて、味も美味しい。

その後、彩の国ふれあい牧場にて、ヤギとふれあい、美味しいアイスクリームを食べた。ここに来るのは2回目だが、風景が良いし、ヤギと芝生の上でゴロゴロできる(ヤギの糞は落ちているけど)。

運動会

10月9日(土)は幼稚園の運動会が行われた。去年は「ボイコット」してしまったため、当日の朝僕からは「詰まらなくても先生のためだけに走ってあげて」とリクエストしていた。今年はそれっぽく参加してくれていて、成長を見せてくれた。

コロナの影響で30分程度の運動会だが、走り(3人ずつ庭の真ん中で一周、今回はちゃんと完走)、踊り(うちはマイケル・ジャクソン等、「ホンモノ」が流れないと踊らないため、太鼓係になっていた)、電車ごっこ(これが一番ノリノリ)をやった。

最後は親が子供に金色のメダルを渡す儀式があるが、うちの場合、僕が首にメダルをかけようとすると、こどもがメダルを手で掴み帽子の下に隠してしまった。「恥ずかしいからやだ」とのこと。え〜〜・・・

ピアニストを真似してノリノリ

10月上旬、MEZERGという、エレクトロニック・ミュージックをリアルタイムで一人で両手・両足でノリノリ演奏をするアーティストのYoutube動画を見て、楽しそうに弾いているため真似をしたくなったみたい。鍵盤を押しながら体や頭を揺らしたり、こどももノリノリ状態。弾けていなくても楽しいみたい。

しばらく、MEZERGのLast Oneという曲を車の中で聞きたがる。

マンモスでコケを見る

ミュージアムパーク茨城県自然博物館でコケの企画展が始まった。企画展の初日に見てきた。そこまでコケに興味があるわけではないが、それなりに楽しく、2周した。色々な種類のコケがあることや、ホームセンターの水槽コーナーでなんとなく見たやつがあったり、普通に知識が少し増えたかもしれない。博物館の外でコケを見たとき、「これコケ?」と早速話題になった。

多摩動物公園で昆虫を見る

10月17日、多摩動物公園の昆虫館で昆虫を見たり、ちょっとだけ動物を見て回った。

意外と昆虫関連の建物が広くて、飼育されたコウロギやバッタ、蝶々がいた。久々にヘラクレスオオカブトを見ることができた。

浜名湖でボートに乗って釣りをする

10月23日〜24日、豊橋の親戚の家で1泊させてもらい、浜名湖で釣りをした。釣りに詳しい親戚(Tおじちゃん、Sおじいちゃん)が丁寧に案内してくれた。釣り堀以外で釣りをしたのは今回が初めて。こどもは魚がHITするまでじーっと待つのは流石に難しかったが、それでもボートに乗り、本格的な釣り竿を使ってみたり、生きたミミズみたいな魚のエサ、初めて見る魚の種類等、初めての体験が多かった。釣りをする以外にも、釣った魚を生簀に移すなど、やることはいっぱいあって、非常にいい体験ができみたいで、しばらく「また釣りしたい」と言い続けた。

釣りのポイントまではボートに乗って連れてってくれたが、普通にボートで進むのが気持ち良くて、天気が良くて周りの風景が良かった。リールのついた釣り竿を持つのは子供も自分も初めてで、子供はリールをマキマキする動作が楽しいようだった。釣り堀では目の前に見える魚を釣るだけだが、今回は魚が見えないほど深いポイントでサビキ釣りや餌釣りをした。釣り堀と違ってやはりそれなりに技術が必要と感じた。魚がHITしているときは、何が掛かっているか見るのが楽しみで、こどもが興奮してリールをマキマキしていた。

今回みんなで釣った魚:

  • ヒイラギ(多数)
  • クロダイ(多数)
  • メゴチ(1匹)
  • チダイ(1匹)
  • ハゼ(1匹)
  • ふぐの赤ちゃん(1匹、逃してあげた)

何故かふぐの赤ちゃんが印象に残ったらしい。手に乗せたとき、「ふわふわでギザギザが気持ちよかった」や、「ギザギザはルノ(自分)のヒゲみたいだった」としばらく言い続けた。

釣った魚は家に持ち帰って、埼玉のおばあちゃんが頑張って調理してくれた。(大変だったらしい。)カリカリな唐揚げにして美味しく頂いた。

今回の旅は埼玉から豊橋まで片道350km程度、車で移動した。休憩時間を含め、片道約7時間位。3〜4回サービスエリア・パーキングエリアで休憩し、食事を取ったり風景を楽しんだりでゆっくり移動した。自分もこどもも今までで一番長いドライブとなった。

朝霞ガーデンでエサ釣り

10月の終わりに、朝霞ガーデンでエサ釣りをした。ここはちゃんとした長い釣り竿でウキ釣りをしたり、ルアーでの釣りができて、釣り竿を持っていない場合はレンタルもできる。フェミリー向けの練りエサの釣り堀と違ってここでは本格的な釣りの練習ができて、周りではアマチュアっぽい人たちが大勢釣っていた。

ルアーで釣りをしている人たちを見て、どんなふうに釣っているか実際に見てみた。自分の釣り竿を買ってルアー釣りができるようになりたいが、まだ知識が足りていないので勉強が必要そう。

ハロウィン

今年もハロウィンはお友達と集まり、みんなでコスチュームを着て実家の庭で集まった。

お菓子を隠して用意していた大人たちが、子どもたちにお菓子を配るために庭で集まった。子供が喜ぶと思っての一種のサプライズのはずだったが、若干的外れだった模様。誰もお菓子なんて求めていない。みんな庭で走り回って騒いだり、風船のおばけを倒しまくるので忙しく、エネルギーあり余っている。でもこどもが楽しければ結果OK。

しらこばと水上公園

11月3日、ルアーフィッシングを試してみたくて来たが、貸竿がなくなっていた。ルアー用の釣り竿を買うきっかけとなる。

諦めて公園で遊んだが、かなり賑わっていて、それなりに楽しめた。知らなかったが、ここにもそこそこ長いローラーすべり台があった。(ぐんまこどもの国ほどではないが、このあたりでは自分が知る限り最長)

七五三

11月6日、5歳になった長男の七五三を祝った。神社で儀式をし、会席料理のお店で食事をした。

儀式の初めに太鼓を何十秒か叩くのだが、音にびっくりして長女がギャン泣き。それでも神社のおばさん、容赦なく全力で叩き続ける、さすがプロ。

お店は「割烹千代田」という初めての場所を利用したが、個室もキレイ(3年前に新しく建てた建物とのこと)で、食事やスタッフの対応も文句なしだった。

いつも大事な会食をパインズホテルのレストランでやっていたが、今回は七五三シーズンで予約が埋まっていて個室が取れなかった。だが別にパインズホテルじゃなくても美味しい場所はあるということを今回調べているうちに知った。

宮城アングラーズヴィレッジ、ぐんまこどもの国

11月7日、宮城アングラーズヴィレッジという、群馬県の釣り堀で、初めてルアーフィッシングをしてみる。

ルアーフィッシングはやはりエサ釣りと違い、難易度が違った。5歳のこどもだとキャスティングが難しい(僕でも糸を絡ませたり、タイミング間違えたり失敗する)。マキマキだけこどもと一緒にやったりしたが、巻くスピードを一定に保つ必要があったりと、意識しないといけないことが多い。

1時間位しか居られなかったが(自分の体調の都合上)、完全初心者である自分とこどもでも茶色いクランクで2匹釣れた。スタッフが優しくアドバイスしてくれたり、糸を結んでくれたりしたおかげだ。

道具は前日に用意したもの。

  • 釣り竿:2.3mの万能ルアーロッド(2g〜のルアーや3lb〜の糸に対応したもの)。若干長かったかも。
  • 糸:3lbのもの(オレンジ色と透明のを買って、オレンジ色を使っていたが、スタッフのアドバイスにより、ルアーを付ける先端の1m程度は透明にした)
  • リール:3lb〜の糸や2g〜のルアーに対応した小さめなもの(2000番)。
  • ルアー:こどもが選んだ2g前後のクランクとスプーン。

今回得たトラウトのルアーフィッシング知識:

  • 巻くときはゆっくり目(1秒に1回以下)、同じスピードを保つ。
  • 糸は透明じゃないと魚が警戒するらしい。
  • 釣り竿の持ち方がある。慣れてくると確かに持ちやすい。

帰りは、ぐんまこどもの国に寄って、久々にローラーすべり台とトランポリン(ふわふわドーム)をやってテンション上がった。

みかん狩り(やまき園)

11月13日、お友達の家族と3組で、みかん狩り→水輪フィッシングセンター→彩の国ふれあい牧場を順に行ってきた。

みかん狩りは今回が初めて。やまき園は山にあり、かなり広い範囲でみかん狩りができるが、傾斜がちょっときつめ。おそらく3歳以上の子供でないと一人で歩くのはきつい。

自分でハサミを使い、手が届く場所のみかんを採ったり、休憩所で食べたりしていた。みかんをコンクリートで固められた道で落としてしまうと、傾斜のせいで下の方まで転がってしまう。わざと転がして遊んでいる子もいた(うちの子含む)。

関連記事

目次

カテゴリー
タグ
関連記事
佐原 瑠能

佐原 瑠能

さいたま市浦和区在住、2児の父、4人家族で生活。 フランスに約18年住んでいた。