佐原瑠能の記録

こどもの成長(長女、2歳)

目次

【編集中】

2019年生まれの長女の成長日記。

前の記事:こどもの成長(長女、1歳から2歳誕生日まで)

2021年は、コロナ生活に少し慣れてきて、ワクチンとかが流行ったり、東京でオリンピックをした年。

日常

できるようになったこと

  • フォークやスプーンを使って食べるようになる。(10月〜11月)
  • 「おいしい」「かわいい」「よし」「よいしょ」等をタイミング良く言えるようになる。(10月〜11月)
  • 安定的に階段を降りる。(11月頃)
  • 「おみず」「あい(はい)」「あいず(アイス)」をよく言うようになる。(12月)
  • 三輪車が上手になる(12月)
  • 「おはよー」、「これ!」をよく使うようになる(1月)
  • 自分だけで階段を降りる(3月)
  • 自分で手を石鹸で洗う(4月)

羽生水郷公園

8月29日(2歳0ヶ月)、羽生水郷公園で遊具で遊ぶ。基本的に長男が自転車をやりたいとのことで行った公園。ローラーすべり台やちょっとしたアスレチックっぽい遊具があったり、広くて散歩ができる。

ベビーカーの代わりに牛の模様をした三輪車を持っていた。アスレチックは全く怖がらなかった。

初めての温泉

公園で遊んだあと、近くのスーパー銭湯「極楽湯 羽生温泉」でくつろいだ。長女の初めての日帰り温泉体験となった。

最近の成長

体力と筋力

ご飯をいっぱい食べるためか、体がどんどん大きくなってたくましくなる。

走るのが早くなり、家の中ではたまに長男と足音が区別できない時がある。寝床で長男が突進してきたと思って構えると、実は長女だったってことがある。

夜に公園に行くことがあるが、鉄の棒に捕まってお猿さんをやる。

発音が上手になる

朝、僕を起こしに来るときがあるが、「うの〜」(=るの)の発音がはっきりしてきた。

よく話す言葉:

  • うの(るの)
  • おいちゃ(自分の名前に近い音)
  • えいじー(犬の名前に近い音)
  • かあいい(かわいい)
  • えーお(せーの、ジャンプして遊ぶとき)
  • うーす(ジュース、カウンターにあるジュースをとってほしいとき)

よく笑う

なにかするとき悪い顔でニヤニヤすることが多く、こっちが笑ってしまう。

誕生日にもらったぬいぐるみが気に入っているみたいで、そのぬいぐるみを動かしたりするとニヤニヤして突進してくる。

手を洗うブーム

石鹸の泡を手につけてゴシゴシするのを知らないうちにマスターしていた。ただし、まだ水で流して手を拭くことはできない。気がつくと一人で手を洗っていることがあるが、ハンドソープではなく風呂場のシャンプーを使っていたり、洗ったばかりなのにまた洗ったりと、自由に手洗いを楽しんでいる。

長男より、他人のマネをすることに抵抗がなく、基本的なことを覚えるのが早そうな印象を受けた。

ジャンプブーム

ママが「せーの・・・ジャンプ!」っていうと、それに合わせてジャンプするようになった。

僕の方をみて「えーお」(せーの)と言って、一緒にジャンプに誘う。

最近、エネルギーが凄い。走り回ったり、叫んだり、飛んだり、ぶら下がったり。体を動かしまわっている。

クレヨンで事件発生

9月12日(2歳0ヶ月)20時、息子と2人で外食し、家に帰ったらこうなっていた。

これを見た息子、「妹だけずるい」と思ったのか、自分もちょっとクレヨンを取って床と壁に落書きをしだした。息子は2〜3歳の頃は注意していたため、こうなることはなかった。一度はやってみたいという気持ち、ちょっと分からなくはない。

ツインリンクもてぎで田んぼでお散歩(森の探索隊)

9月20日(2歳0ヶ月)、家族で再びツインリンクもてぎにて一泊し、森の探索隊やピット工房に参加した。

最近、家の近くでアリが地面を歩いていると、指で指して「あー!あー!」って叫んで「ここにアリがいるよ」って教えてくれることがある。ただ兄と違って特別虫に興味があるってわけではなさそう。

今回の探検中にバッタやトンボをみて、指でツンツンしていたため、虫が怖くはなさそう。森の探索では、一応バッタ等を観察していたが、メインは散歩。自由に行きたい場所に歩いたり、「せーの」って言ってジャンプするときに笑顔をみせていた。

ピット工房では、兄が車を組み立てるところを見たり、車に乗って運転する気分になったり、組み立てた車を試乗したりしていた。

東武動物公園で餌やりとひよこをペシペシ

9月22日(2歳0ヶ月)、兄が幼稚園の日で僕が休みで2人で遊べる日となったため、東武動物公園に行った。動物園の入り口にて、ホワイトタイガーが写っている看板を見ただけで「かあいい〜」(かわいい)と言い出す。

今回は餌やりを中心に行った。鯉、鹿、ヤギ、羊に餌やりをしたが、基本的に大喜び。鯉は餌を投げたときに鯉たちが必死になって餌を奪い合うのを見てものすごい笑顔。自分の行動に対し反応があるとよく笑う。鹿の餌やりは指をペロペロされるのが楽しくなってしまったみたいで、途中、餌を持っていない手を伸ばして、鹿にペロペロされて遊んでいた。

餌やりの後、ひよこを触りに行ったが、「なんだこの小さいやつ」って感じでちょっと悪い顔で笑顔になる。家で飼っている犬を撫でる強さでひよこをナデナデしたり、手でペシペシ叩いてしまい、ちょっと危ない感じがした。ひよこを持とうとしたときも首の部分を持とうとしたため、やめさせといた。ひよこを手で抱っこできるのはもうちょっと後になりそう。それでも楽しそうだった。

やはり動物は好きみたい。ちょっと意外だったのが、ペンギンが泳いでいるのをみて笑顔になって追いかけたりしていたこと。水族館も楽しめるかもしれない。

ハロウィン

10月末(2歳2ヶ月)、お友達の家族と一緒に集まってハロウィンを楽しんだ。美味しいお菓子がいっぱい入った袋をGET。

兄の七五三

11月6日、5歳になった兄の七五三を祝った。かわいい服をきて神社に行った。

神社で行った儀式の初めに太鼓を何十秒か叩くのだが、音にびっくりしてギャン泣きしてしまった。やはり、音に敏感なのかも。それでも神社のおばさん、容赦なく全力で叩き続けていた。

ことば・行動

10月〜11月。言葉をタイミング良く話すようになってくる。ご飯を食べているときに「おいしい」、動物を見ているときに「かわいい」、朝にパンがほしいときに「ぱんぱん」、立ち上がるときに「よし!」。兄のこの時期は「ジュース」がメインのことばだった。

歩くのが上手になり余裕が出てきて、外に出たがる様になる。外に出たいときは、玄関に行き、自分で靴を履くモーションをしてアピールする。階段を降りるときも、少し前までは手をつないでいても倒れそうになっていたが、今はそれほど自分の手に頼らず降りれるようになっている。

みかん狩りと彩の国ふれあい牧場

11月13日(2歳2ヶ月)、山に行き、みかん狩りをして牧場でヤギと遊んだ。

みかん狩りは「やまき園」という場所で、かなり広い場所。坂を登るのが大変だったが、ほとんど抱っこせずに頑張って登ってくれた。途中にある休憩所でみかんを2個ぐらい食べた。食べ終わると、木についているみかんを指でさして、「もっと食べたいからこれ取って」とアピールしていた。

以前、いちご狩りに行ったときは「酸っぱい」って顔をして全然食べなかったが、もうフルーツに慣れているため、色々なフルーツ狩りに行けそう。特にもうすぐ始まるいちご狩りが楽しみ。

牧場(「彩の国ふれあい牧場」)では、最初の20分はボーッとしていたが、その後スイッチが入り、ヤギを追いかけて触りまくった。一緒に「ナデナデ」って言いながら子ヤギの背中を撫でていた。以前動物園で見せた笑顔と同じ、大喜び。やはり動物系が楽しいみたい。

東武動物公園で餌やりと紅葉の落ち葉で遊ぶ

11月29日(2歳3ヶ月)、再び東武動物公園で動物に餌やりをしたり、乗り物に乗って遊んだ。風が強かったが、紅葉が綺麗だった。

ぐんまこどもの国でトランポリン

12月12日(2歳3ヶ月)、ぐんまこどもの国に行き、ふわふわドームで遊んだ。

以前、雪遊びをしたときにソリで一緒に滑ったが、若干滑る系が苦手のように感じた。ここの長いローラー滑り台でどういう反応をするか楽しみだったが普通に「お〜〜〜」と言って驚いた顔で滑っていた。苦手ではないが、普通といった感じ。

一番テンションが上がったのが、ふわふわドーム。少し登って、走りながら降りてを笑いながら繰り返した。兄が手を引っ張って天辺まで連れてってくれたが、天辺は子供が大勢ジャンプしていて事故らないかヒヤヒヤした。でも楽しそうだった。

電車のおもちゃ

12月(2歳3ヶ月)、トミカやブリオに興味を持ち始める。兄の方は最初、電車に電池を入れて勝手に走るようにすると嫌がり、自分の手で動かしたがっていた。妹の方は、ひたすら走っている電車を見るのも楽しいみたい。

キドキドでよく遊ぶ

12月は寒くなり、室内遊び場であるキドキドに行く頻度が増えた。以前と比べて体を動かせるようになっていて、トランポリンでも走るし、ボールプールでもボールの上を積極的に移動しようとするようになっていた。楽しそうに動き回る。

おままごとの場所では、料理を作るフリをする。食べ物や材料の場所を移動して「よし!」、鍋もちょっと掴んで「よし!」。なぜか「よし!」が口癖に。形から入るタイプ?のように思えた。

クリスマス

12月24日(2歳4ヶ月)、イブはママのお友達の家族が来て、みんなで盛り上がった。美味しそうな食べ物がテーブルに置かれたが、写真を撮ってみんなが食べ始める前にフライドチキンをかぶり。

三輪車ブーム

12月下旬〜(2歳3ヶ月〜4ヶ月)、よく三輪車で遊ぶ。家の近くの野球場を2周したり、近くの公園をぐるぐる回ったりして、けっこう気に入っているみたい。

最近使う言葉

1月、言葉が増えて発音がレベルアップ。

  • 「みてー」:なにか見せてくれるとき、こっちが見るまでしつこく繰り返し言う。
  • 「いこー」:そのまま。
  • 「これ!」:なにかを選ばせるとき。
  • 「あい!」:「これでいいの?」「お水がほしいの?」とかの返事。

エンゼルグランディア越後中里で1泊

1月22日(2歳5ヶ月)、家族全員でエンゼルグランディア越後中里で1泊し、ゆきゆきランドで雪遊びをした。

雪の上で遊具で遊ぶのは今回が初めてだったが、そこそこ楽んでいる様子だった。バケツに雪のボールを集めて転がしたり、雪の塔を作ったりと、指が赤くなるまで雪でとことん遊んだ。

今回初めて、一緒にソリで滑って笑顔を見せてくれた。前回(軽井沢プリンスホテルスキー場)は一緒に滑っても反応が薄く、撮った動画とかを見返すと僕だけテンション上がっていたという切ない経験があり、ちょっと不安だったが、これで今後は滑る系も一緒に遊びつくせそうで安心した。調子に乗って、一緒にスノーチューブやスノーレーサーもやったが、怖がることなく、嫌がることもなくていい感じだった(並んで待っているときだけ若干ぐずる)。

いちごの里で動物を触っていちご狩り

2月13日(2歳6ヶ月)、いちごの里(栃木)でいちご狩りをした。いちごが食べれる様になってからいちご狩りに来たのは今回が初めて。(前回のトライはまだベビーカーのときだが、いちごの酸味を嫌ってなのか、手で潰して投げていた。)

いちご狩りに行く前、ここの動物広場で遊んだ。ヤギとロバが居て、柵の中には入れないが、餌やりができて、動物を触ることができる。ヤギは今まで何回か餌やりをしたが、ロバを触れる状態でエサを直接口に与えたのは今回が始めて。全く怖がらず、エサを一粒ずつ丁寧にあげていた。

いちご狩りの最中、いちごを摘むのが楽しくなったようで、自分でビニールハウスの中を進んで「これ!」って言っていちごを摘んで食べたりしていた。(最初は兄と同様、赤くないいちごも摘んでしまったり、いちごのヘタまで食べてしまったりした。)「美味しい?」と聞くと、「おいしー」と、はっきりした声で返事をしていた。

軽井沢プリンスホテルで1泊

2月24日(2歳7ヶ月)、軽井沢プリンスホテルで1泊した。ホテルのブッフェで美味しいものを一杯食べていた。特にフルーツ。

軽井沢プリンスホテルスキー場の雪遊び場に行ったが、ここの雪遊び場はおまけ程度でしかなく、そこまで楽しめなかったみたい。(兄とおばあはスキーをしていた。)ただ、ニット帽子と雪遊びのウェアを着ていたとき、その姿が可愛くて、周りの人たちに「かわいい〜」と何回も言われた。

帰るときはおばあがカワウソのおもちゃを買ってくれた。

ジブリアニメ

2月あたりから、ジブリアニメを夕飯の後によく見るようになった。まだ2歳だから、言葉は分からないし絵を見るだけだが、それでも楽しめる作品が3つあった。

  • トトロ(となりのトトロ):メイとサツキがはしゃいでいるシーン、トトロが登場するシーン、猫バスが登場するシーンが大好き。猫バスが現れると「にゃーにゃー」って猫の鳴き声をする。
  • ハウル(ハウルの動く城):動く城をみると、テンション上がって笑っていた。全体的に色が綺麗な作品で、絵をみるだけでも楽しいのかもしれない。
  • パンダコパンダ(パンダコパンダ、パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻):しばらく兄妹のお気に入りになっていた作品。パンダってだけで喜ぶし、かわいい動きをしたり、パンダが窓から顔を出したりするシーンで爆笑する。

再び動物園

4月9日(2歳8ヶ月)、兄と動物園に行き、餌やりを楽しんだ。

ぐんまこどもの国で初サマーボブスレー

4月24日(2歳9ヶ月)、ぐんまこどもの国に行き、またふわふわドームとすべり台で遊び、サマーボブスレーに乗った。サマーボブスレーは今回始めてだったが、ちょっと不安な表情と笑顔が混ざっていた。

那須で動物とふれあい、釣り堀

5月1日(2歳9ヶ月)、リゾナーレ那須に2泊した。リゾナーレ施設の温泉、美味しいビュッフェ、田んぼでの散歩を楽しんだ他、釣り堀(遊べる飯や 那須 遊膳)、那須どうぶつ王国、ヤギが触れるお花畑(那須ハートフルファーム お花畑)で遊んだ。

釣り堀(遊べる飯や 那須 遊膳)では初めて、ニジマスを一緒に釣った。魚が掛かった時の手に伝わる振動が把握できたみたいで、魚が掛かった時に「おおーー!おおーー!」と叫んでた。

那須サファリパークのナイトサファリも行ってみたが、サファリ自体はあまり反応はしなかった。お土産にぞうさんのぬいぐるみのリュックを買った。

お皿をよく割る

5月(2歳9ヶ月)、食べ終わった食器を流し台に片付けてくれる時があるんだが、ちょっとした恐怖になっている。そーっとは食器を置いてくれない。ほとんど投げていて、既に何枚か皿を割っている。

止めたくても、食器を運んでいるところを見たときには既に遅い。「○○ちゃん待ってーーー!」と叫んでも、本人は聞いてくれない。片付けた状態が気持ち良いみたい。

連続で、ぐんまこどもの国

5月28日、6月4日(2歳10ヶ月)、ぐんまこどもの国で元気に遊ぶ。ここで遊ぶときが一番笑顔になる。

車を降りて最初に向かうのはふわふわドーム。ここは相変わらず楽しそうで、車で1時間半の移動に耐えたストレスを発散しまくる。

6月はローラーすべり台になれたせいか、4回続けて滑るようになった。滑っている間は直進する部分でテンション上がって大声を出し、滑り終わったらすぐに階段の方に走って「もう一回」アピール。ただ、まだ自分だけでは上まで登れないため、半分僕が抱っこして連れてっている。4回滑るのが僕の体力の限界のようだ。

モビリティリゾートもてぎでロータステント

6月12日(2歳10ヶ月)、モビリティリゾート(旧:ツインリンクもてぎ)でグランピング(ロータステント)で1泊した。子供にとっての初めてのキャンプ体験となった。

テントの中で暴れたり、美味しいごはんを食べたりして喜んでいた。焚き火をしたときは火を見て「あちゅい!あちゅい!」って言いながら離れていた。ちょっと刺激が強かったか、兄が薪を追加しすぎていて、ちょっと大きめな炎になっていたかもしれない。

翌日、兄が虫探しをしていたとき、一緒に森で散歩をして、たんぽぽの綿毛をふーふーするのを楽しんでいた。モビパークでは、2歳の子供が遊べる乗り物は一通りやり、SUMIKAでのんびり遊んだ(平日はパスポートありで入ると、時間無制限で遊べる)。やはりSUMIKAで鬼ごっこをするのが一番楽しそうだった。

関連記事

目次

カテゴリー
タグ
関連記事
佐原 瑠能

佐原 瑠能

さいたま市浦和区在住、2児の父、4人家族で生活。 フランスに約18年住んでいた。