「個人サーバー」カテゴリーアーカイブ

Ubuntu 16.04 に autofs を入れる

特定のディレクトリーにアクセスした時に、自動的にデバイス(USBポータブルHDD等)をマウントする。

インストール


sudo apt-get install autofs

設定

/etc/auto.master を編集する。

設定例

次の行を/etc/auto.masterの最後に追加。

/-      /etc/auto.runodrive
  • 外部ファイル /etc/auto.runodrive に指定された各ディレクトリーを自動マウントするようにする。

/etc/auto.runodriveにデバイスの設定。

/media/runodrive        -fstype=exfat,rw,exec,auto,relatime,noatime,iocharset=utf8,user,umask=111,dmask=000             UUID=57F0-5FB5
  • デバイスのUUIDを知るには sudo blkid

再起動


sudo service autofs restart

Ubuntu 16.04 に Transmission daemon を入れる

インストール


sudo apt-get install transmission-daemon

設定

設定ファイルは /etc/transmission-daemon/settings.json

デーモンが停止(再起動)されるときに、設定ファイルが起動中の設定で上書きされる。
そのためデーモンを一旦停止してから編集する。


sudo service transmission-daemon stop

RPCと基本的な設定

RPCさえ利用可能にすれば、 他の重要な設定はウェブから変更できる。
次の設定を/etc/transmission-daemon/settings.json側で行う。

    "rpc-password": "password",
    "rpc-username": "admin",
    "rpc-port": 9091,
    "rpc-whitelist": "127.0.0.1",
    "rpc-whitelist-enabled": false,
    "umask": 2
    "download-dir": "/media/usbtmp/transmission",
  • rpc-passwordは、クリアにパスワードを入力してもOK。デーモンを起動したらハッシュに変換してくれる。
  • rpc-whitelist-enabledfalseにするか、rpc-whitelistに許可IP範囲(例:127.0.0.1,10.0.*.*)を設定するかで外部からのアクセスを可能にできる。
  • ファイルは全員が見れる用に umask を設定する。
  • download-dir に指定したパスにファイルがダウンロードされる。

RPCを設定したら、ウェブからアクセスできるようになるので、デーモンを起動し、ウェブ(http://ipaddress:9091/)を開く。


sudo service transmission-daemon start

その他設定

個人的に設定を変更にした箇所。

2c2
<     "alt-speed-down": 100, 
---
>     "alt-speed-down": 50, 
8c8
<     "alt-speed-up": 1, 
---
>     "alt-speed-up": 50, 
15c15
<     "download-dir": "/media/usbtmp/transmission", 
---
>     "download-dir": "/var/lib/transmission-daemon/downloads", 
20,22c20,22
<     "encryption": 2, 
<     "idle-seeding-limit": 1, 
<     "idle-seeding-limit-enabled": true, 
---
>     "encryption": 1, 
>     "idle-seeding-limit": 30, 
>     "idle-seeding-limit-enabled": false, 
43,44c43,44
<     "ratio-limit": 0.0098, 
<     "ratio-limit-enabled": true, 
---
>     "ratio-limit": 2, 
>     "ratio-limit-enabled": false, 
62,63c62,63
<     "speed-limit-up": 10, 
<     "speed-limit-up-enabled": true, 
---
>     "speed-limit-up": 100, 
>     "speed-limit-up-enabled": false, 

Ubuntu 16.04 で USB ストレージを起動時にマウント

USBストレージをUUIDで参照し、特定のディレクトリにマウントする方法。

ストレージのUUIDを取得

一例:


sudo blkid
/dev/sdb1: LABEL="PORTABLE" UUID="6522-1DE5" TYPE="vfat"

fstab編集

/etc/fstab に適切に設定を追加。一例:

UUID=6522-1DE5 /media/usbtmp vfat rw,exec,auto,relatime,noatime,iocharset=utf8,user,umask=111,dmask=000 0 0