うちでは牛乳といえば『明治おいしい牛乳』、豆乳といえば『キッコーマン調整豆乳』。この2つの銘柄が今もお気に入り。

2019年から、試しに牛乳を買わなくしてみた結果、豆乳だけでも困らない上、むしろ合理的であることが分かった。(あくまで家での話なので、スターバックスではカフェラテ等を飲んでいる。)

ちなみに僕はビーガンでもベジタリアンでも無い。この決断にいたった理由について記述しておく。

豆乳は保存が利く

牛乳は買ったら冷蔵が必要で、たとえば『明治おいしい牛乳』900mLを開けたら、3日以内に飲まないと味が落ちてまずくなる。

それに比べて豆乳は未開封では常温で保管できて、たとえば『キッコーマン調整豆乳』の1000mLは賞味期限が買ってから数ヶ月から半年後ぐらいと長い。1パック開けても冷蔵で5日間は味が大きくは落ちない。

細かく言うと、『早く飲まないとだめになる』というプレッシャーや、そこに意識を当てることに使う管理コストが豆乳にはなく、割と落ち着いて飲むことができる。

豆乳はまとめ買いができる

保存が効くということはまとめて買える。

浦和卸売市場にある『キッコーマン調整豆乳』

浦和卸売市場(朝市)では、『キッコーマン調整豆乳』1000mLが6個入った箱を買えるが、現在の価格が1箱158円×6、税込みで1,023円。すなわち100mLあたり17.05円。

スギ薬局 浦和元町店 で売っている『キッコーマン調整豆乳』

スギ薬局でも、僕が知っている店舗では同じ箱が税込み1,080円で売られている。

『明治おいしい牛乳』900mLは基本、まとめ買いはできないので、コンビニかスーパーで買うことが多い。僕の場合はコンビニで買っていたが、現在の価格が1本254円、税込み274円。100mLあたり30.44円と、豆乳に比べて倍に近いお値段。

コストの比較(1人〜2人)

1人〜2人が消費するとして、金額的なコストと時間的なコストを考えたら、次の差が出た。

  • 14,000 円/年 の金額の差。
  • 28時間/年 の時間(約3日間の休暇)。

金額的なコスト

牛乳は週に2本消費するとして、月に8本消費で計算すると、年間96本消費することになる。
したがって、牛乳の年間コストは:274 × 96 = 26,304円。

豆乳は悪くなることをそこまで意識しないため、月6本でも大丈夫だが一旦8本で計算すると、
豆乳の年間コスト①:1,023 ÷ 6 × 96 = 16,368円(差額 -9,936円)。

月に6本の場合も一応計算すると、
豆乳の年間コスト②:1,023 × 12 = 12,276円(差額 -14,028円)。

時間や手間のコスト

割り当てる人生の時間とエネルギー、細かく言うと車ならガソリン代も違う。買い物のコストをざっくり計算してみる。

牛乳を買う場合はコンビニかスーパーへ、月に約8回行くことを強いられるが(別の買い物をする場合もあるが、ざっくり)、豆乳は月に1回の買い物で済む。

牛乳を消費するのに月に7回多く買い物に行くことになるが、1回の買い物で20分の作業(移動時間、考える時間、包む時間や運ぶ時間等をざっくり)が掛かるとすると、年間で出る差は 20 × 7 × 12 = 1,680分 = 28時間。

1日8時間働く人にとっては、約3日間の休暇を買い物以外に当てる自由ができることになる。

豆乳は健康に良い

  • 豆乳はコレステロールを含まない。
    (コレステロールは動脈硬化に繋がるとされている。)
  • 豆乳はカルシウムの摂取を抑えられる。
    (カルシウムの摂りすぎは骨に悪いという説がある。)
  • 豆乳は植物性のタンパク質で、糖質も低く、低カロリー。
    (エネルギーの摂取を比較的抑えられる。)
『明治おいしい牛乳』の成分表(200mLあたり)と、『キッコーマン調整豆乳』の成分表(100mLあたり)

豆乳は動脈硬化に繋がるとされているコレステロールを含まない。

豆乳に使われる大豆といえば、日本人が昔から食べてきたもので、日本人の体に合うはずの材料で、安心感がある。

牛乳は飲みすぎると健康に悪いという説がいくつかあるが、少なくともそのうちの一つは自分が納得している。体内のカルシウムは多すぎるとき、体はカルシウムを排出する働きをするが、そのときに骨からもカルシウムを排出してしまい、骨がもろくなってしまうという説である。

エネルギーの摂取を抑えたい場合でも、豆乳の方が低エネルギー。

豆乳は美味しい

個人的な好みの話。

もともとストレートで飲むのは『明治おいしい牛乳』と『キッコーマン調整豆乳』、どちらも好きだったが、コーヒーに入れる場合に関しては、最初は豆乳より牛乳を入れるほうが好きだった。それが数ヶ月の間、豆乳を入れて飲んでいるうちに好みが逆転した。豆乳コーヒーの方が苦味があって、後味が好きになった。

飲んでいるうちに慣れるのかもしれない、と感じた。

ちなみに豆乳でも、『キッコーマン調整豆乳』以外をコーヒーに入れるのは自分はだめで、喫茶店のソイラテ等に使われている業務用豆乳も美味しいと思わない。せっかく喫茶店で飲むときは、ソイラテではなくカフェラテを頼んでいる。

豆乳にも色々な味があって、色々試してみると良いのかもしれない。それと、いくら家で豆乳をメインで飲んでいても、牛乳もたまには飲みたくなる。


佐原 瑠能

さいたま市浦和区在住、2児の父、4人家族で生活。 フランスに約18年住んでいた。