流れるプールや波のあるプールで浮き輪でプカプカ浮かんで遊んだり、滑り台等の遊具で遊んだりできて、身長110cm未満の子供でも親子で滑れるミニウォータースライダーがあるプール。

サマーランドほど広くはないが、帰るときに「帰りたくない」と子供が言い出すぐらいそれなりに楽しめて、さいたま市からのアクセスが良い(高速道路乗らなくても良いレベル)。東武動物公園の一部とされているが、夏はこのプールが一番おもしろいと思う。

場所

公式サイトhttps://www.tobuzoo.com/pool/
(営業時間の確認、入場券の予約等)
アクセス(車)東武動物公園の西ゲート(動物園側)の駐車場。
1,000円取られる。
食事弁当を持ってきたほうが無難。
屋台はあるが、体に良いものは売っていない。
お昼の時間は行列ができる。
支払いも現金のみ。
その他簡易テント(ポップアップテント等)が建てられる。(あったほうが絶対良い。)
有料の休憩スペースもある、しかし高い。

体験

流れるプール、波のあるプール、滑り台等の遊具はごく普通で、他のプール施設と比べて特に変わった仕掛け等は無い。

ちょっとだけ特徴的だと思ったところが、小さい子供(身長110cm未満)でも、親子で滑れるウォータースライダーがあること。こどもを抱っこして滑り、ウォータースライダーの終わりのプールにさぶーんと落ちるが、その終点のプールで子供は足が付かないため、ちゃんと持っていていないとならない(自分は最初は離してしまってこどもが焦った)。

テントはほぼ必須と言っても過言ではない。ご飯を食べる場所が無いのと、屋根がある場所はないし、ほとんど日陰がない。親子2人なら、テントの中で着替えちゃうこともできるが、その場合はロッカー要らずになる。

以前の訪問

2021年8月9日(月、祝日)、台風の影響で強風

長女と2人で、長女の初めてのプール施設(1歳11ヶ月)。最初は少し眠そうで機嫌が悪かったが、慣れてきたら水面をペチペチ叩いて笑っていた。

台風の影響で風邪が強く、テントが飛ばされそうだった。アウトドアワゴンの重みでなんとか飛ばされずに済んだ。

2021年8月1日(日)、真夏日

長男と2人で。コロナでみんなビビって空いていかなと思って来たのに、かなり混んでいた。

今回、Colemanの簡易テント「クイックアップIGシェード」を建てて拠点を作ったが、正解だった。テントの中で休憩したり、食事したり、着替えができた。ただし、一応窓があって風が通ると気持ちいいが、暑いは暑い。あと、ある程度思い荷物をテントに入れておかないと風で飛んでしまう。(ペグを打つ場所はない。)

子供がウォータースライダーを初めてやったが、スライダーの終点のプールで足が付かないのが気になったみたい。

2019年8月19日、初訪問

長男の初めてのプール施設。流れるプールと、滑り台にハマる。特に滑り台は無限ループ。

行く準備、あると便利なもの

子供用の浮き輪現地でもお店で販売している。
足がつかない流れるプールを一緒に回るには必要。
フェイスタオル(バスタオル)体、手を拭くため。
除菌ウェットティッシュ等ご飯食べる前に手を拭くのに便利。
食べ物屋台は体に良いものは売っていない。
首に掛ける防水ケース
防水バッグ等
iPhone等のスマホ、財布を入れるため。
簡易テントあると非常に便利。
休憩、食事、着替えをする場所、荷物置き場として。
ただし、飛ばされないように思い荷物を入れておくべき。
(アウトドアワゴンやベビーカーを折りたたんで入れておく等。)
アウトドアワゴンベビーカーに子供を乗せて連れて行く場合、
アウトドアワゴンに乗せて、荷物も一緒に運ぶという選択肢もあり。
ビニール袋濡れた水着を入れて変えるため。(テントの中で着替えるなら、特に。)

佐原 瑠能

さいたま市浦和区在住、2児の父、4人家族で生活。 フランスに約18年住んでいた。