ジブリ美術館のチケットを代理で購入

外国人に「ジブリ美術館のチケットを代理で購入してもらえないか」と聞かれた。(これで2回目)

チケットを頼まれる理由

ジブリ美術館のチケットの購入できる数は、海外と国内で別れている模様。

国内向けは毎月の10日に次の月のチケットが販売開始されるが、
海外向けのチケットはその前に売り切れてしまうらしい。

そのため、こちらにとってはまだ発売前なのだが、「チケットがもう売り切れだ、他に手に入れる手段がないか」と聞かれる。

購入時の注意点

ジブリ美術館のチケットには名前が印刷される。
転売を阻止するため、美術館に入場するときに入り口でチケット購入者の本人確認が行われるからだ。

公式サイトより引用:

購入者のお名前が券面に印字される記名式のチケットとなります。美術館入口にてチケット購入者の本人確認を行う場合がありますので、身分証明書(免許証、各種保健証、学生証、パスポート、マイナンバーカードのいずれか)をご持参くださるようお願いいたします。また、お連れの方は全員そろってご入場ください。

ローソンの販売機(ロッピー)でチケットを購入すると、チケットに印刷される名前は自由に編集でき、アルファベットも使える。
この名前は購入者で、複数枚購入するときは各チケットに同じ名前が記載される。
入場のときは購入者が自分の名前を証明するためにパスポートを持ってくる必要がある。

ローソンの販売機では電話番号も聞かれるが、日本の番号でないと駄目か分からないため、自分の番号を入力して買った。

お金の受取

日本では大人のチケットは1000円。
Paypalアカウントのメールアドレスを希望者に送り、チケットの金額と手数料を入金するように依頼した。
(Paypalは、残高を銀行に移すときに250円掛かる。)

チケットが海外でいくらで販売されているかわからないが、ものすごく喜んでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です