新幹線の駅であるガーラ湯沢駅を出たらすぐにスキー場という、アクセスのしやすさが凄いスキー場。

駅からこどもを抱っこして移動等が必要なく、日帰りで楽しむためのハードルが低い。

場所

施設

公式サイトhttps://gala.co.jp/winter/(コースの状況を掲載)
アクセス
(新幹線)
東京駅からガーラ湯沢駅まで直通。
前日までにネットで予約できる。
食事レストランがある。
トイレおむつ交換台は一部のトイレにある。
授乳室スキーセンター(駅)の3階にある。
ゲレンデには無い。

こども(3歳)の反応

スキー場での雪遊びは初めて。最初は怖がってロッカーで泣いてしまう。

スキー場のレンタルコーナーで並んでいる最中、受付に設置されたモニターにスキー用品を宣伝するビデオが流れるが、そのビデオの中でプロがものすごい傾斜のゲレンデをスキーで滑る姿が映る。それをこどもが見て怖がり、「これやりたくない」と言ってしまった。そりで遊ぶだけなのだが、その先スキーもやらされると思い込み、ウェアを着たがらなかった。

結局、一部の着替えをせずゲレンデまで行き、そりで遊ぶ広場を本人に見せて安心させ、「寒いから着よう」、他のこどもを指で指して「みんな着てるよね」と説明したら、やっとウェアを着てくれた。

ゴンドラに乗ったり、雪を滑る人たちを見るとテンションが上がり、怖さは吹っ飛んだみたい。雪で遊んでいるうちに、スキーをする人を指で指して「あれやりたい」とも言った。「今度来た時にやろう」と返した。

そりで遊ぶ息子(3歳)
ぶつかるー!!そりを滑っている最中
冷たい…雪を触って手が真っ赤の時
やっ!(笑い)雪を投げる
もう一回!そりで滑ったあと

映像

子供とそりで滑る

電車でのアクセス(浦和駅から大人1・こども1)

ガーラ湯沢駅まで、新幹線で直接行ける。

時間約1時間30分。
(大宮駅からガーラ湯沢駅まで約1時間。)
通常の片道チケット
(大人1・こども1)
約9,800円
日帰りパッケージ(そり)
(大人1・こども1)
約18,000円
※日帰りのびゅうパッケージツアー:
 往復チケット(指定席)
 ゴンドラ乗車券
 そりセット(そり・長靴)

リフト券やレンタル込みのびゅうパッケージツアー(日帰り)が比較的お得で、前日までにえきねっとから予約できる。

電車での予算(大人1・こども1)

高めに見積もって35,000円で、日帰りでそりで雪遊びができる。

日帰りのびゅうパッケージツアー(新幹線+ゴンドラ乗車券+そりセット)を購入すると、約25,000円で済む。

内容目安の金額(大人1+こども1)
新幹線の往復20,000円
ゴンドラ乗車券2,000円
ロッカー1,000円(現金)
大人とこどもなら1個で済む。
レンタル
(全部レンタルの場合)
8,000円
 そりセット(大人)
 ウェア(大人)
 ウェアと長靴(こども)

必要な準備

休暇取得の検討平日の方が断然空いていて楽しめる。
ホテルに泊まる場合はほぼ半額になる。
新幹線のチケット前日までえきねっとで予約できる。
サイズの把握ウェアレンタルのための身長。
長靴レンタルのための足のサイズ。
こどもの雪靴
(あれば)
こどもの靴は軽いため、あればレンタルせずに済む。
他はレンタルした方が合理的。
食べ物・飲み物電車の中で食べる場合(車内販売が無い)。
スキー場ではロッカーを使うためレストランが便利。

あると便利なもの

フェイスタオル色々拭くため。
除菌ウェットティッシュ食べる前に手を拭くため。
ゴンドラ山頂のレストランでトイレまで行くのが大変。
手袋・帽子念の為、暖かくしたい場合。うちは使わなかった。
寒かったらウェアにも帽子が付いている。
雪遊びの道具スコップ等で遊びたい場合。
(提供されていない。)

佐原 瑠能

さいたま市浦和区在住、2児の父、4人家族で生活。 フランスに約18年住んでいた。