こどもと昆虫と触れ合う(としまえん)

目次

【2020年8月31日に閉園】

冬でも生きたカブトムシやクワガタを触れる場所。

野生のカブトムシを採取するような体験はここではできないが、季節関係なく、都内で、外国のカブトムシを観察したり触ることが夏以外でもできる。

こどもは必ず虫に興味を持つ。そのため、季節関係なく生きたカブトムシと触れ合えるのは大きい。

場所

施設

公式サイトhttp://www.toshimaen.co.jp/(営業カレンダーを掲載)
アクセス(車)何回も行っているが駐車場に入るときに並んだことはない。
食事レストランや屋台が多数、ただし、ぼったくり。
野外に弁当を食べれる場所がある。
『ASOBRAVO!』内に食事できるテーブルがある。
トイレ多目的トイレがいくつかある。
普通のトイレにおむつ交換台は見当たらなかった。
授乳室『ASOBRAVO!』内にあったが、他にあるか不明。

こども(2歳〜3歳)の反応

初めてヘラクレスオオカブトをつんつんする息子(3歳)
これなんだ!見たことのない外国のカブトムシ
見たことのない外国のクワガタ
カマキリ
クモ
ゲンゴロウ
タガメ
ゴキブリ
動いた!カブトムシをつんつんしたら動く。
ここにいた!カブトムシやクワガタが隠れているとき。
見て!食べてる!ゼリーを食べているカブトムシ。
魚を食べているゲンゴロウ。

映像

駐車場までのアクセス

駐車場は左折でしか入れない。駐車場の料金は1時間400円、上限1,600円と、高め。

さいたま市浦和区からの目安。

時間45分(土日の朝)
ETC0円(高速道路なしで十分)

行く準備、あると便利なもの

フェイスタオル手を洗うため。
虫や動物等を触った後、釣りをした後等。
除菌ウェットティッシュご飯を食べる前に手を拭くのに便利。
食べ物レストランはぼったくりで質が低いし並ぶ。
近くのコンビニで買っておく方が良い。

関連記事

目次

カテゴリー
タグ
関連記事
佐原 瑠能

佐原 瑠能

さいたま市浦和区在住、2児の父、4人家族で生活。 フランスに約18年住んでいた。